「コロナが無ければトヨタに勝てた」現代・起亜自動車

1: ニュース速報 2020/04/26(日) 18:12:15.48 ID:PhXxKOZ10● BE:323057825-PLT(13000) sssp://img.5ch.net/ico/asopasomaso.gif
 「今年、現代・起亜自動車は日本のトヨタをとらえられるチャンスだったのに、新型コロナウイルスで駄目になるかもしれない」

 これは、現代・起亜自動車部品協力会社協同会の会長を務めているオ・ウォンソク・コリアFT会長が21日、
ソウル市瑞草区の自動車会館において成允模(ソン・ユンモ)産業通商資源部長官の主宰により行われた「自動車業界懇談会」で語った言葉だ。

 現代・起亜自動車は今年、「GV80」「アバンテ」「ソレント」などの新モデルを相次いで発売し、
「ツーソン」「サンタフェ」「カーニバル」などの新モデルも発売を控えている。
さらに、「トヨタの庭」とも言える東南アジア市場への進出も加速化している。
韓国の新型コロナウイルス感染は収束局面に入ったが、日本はこのところ新規感染者が急速に増えて収束の気配が見えておらず、「大躍進」のチャンスと見られていた。
ところが、新型コロナウイルス問題で現代・起亜自動車の海外工場の稼働中止が長期化、
世界の自動車需要が減少し、「ゴールデンタイム」(適期)を逃しているというのだ。
この懇談会に出席した孔泳云(コン・ヨンウン)現代自動車社長によると、現代・起亜自動車は4月に海外在庫台数が急激に増えているという。
北米・欧州などでの営業が3月以降マヒしており、在庫を市場に出せずにいるからだ。

■輸出不振で生態系崩壊の懸念

 特に手痛いのは輸出不振だ。現代・起亜自動車協力会社の売上比率のうち、75%は輸出によるものだ。
しかも、かなりの数の協力会社が現代・起亜自動車の海外工場に共に進出している。
孔泳云社長は「新型コロナウイルス問題が解消されたとしても相当期間、輸出は難しそうだ」と見ている。
オ・ウォンソク会長は「上半期の『輸出急落』さえ何とか耐えしのげれば、下半期か来年には速やかな回復傾向が見られるかもしれない。
『自動車生態系』を維持できるようにする支援が必要だ」と訴えた。

「今年はトヨタをとらえるチャンスだったのに…」 新型コロナで気をもむ韓国自動車業界
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/04/24/2020042480180.html

新型コロナワクチン開発、日本だけ圧倒的に出遅れてしまう

1: ニュース速報 2020/04/25(土) 19:19:12.84 ID:VnokHfKe0● BE:123322212-PLT(14121) sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
 新型コロナウイルスの感染拡大で、実用化が期待されるワクチン。開発に成功すれば製薬企業は
世界中で市場を手に入れることができる。それだけでなく、国の科学技術力の高さを示し、
人類を救うことにもつながるため、各国政府や民間団体は製薬企業を巨額の資金で後押しする。
いまや世界規模の開発レースが始まっている。

 しかし、日本の製薬企業は、「スタートライン」にすら立てていない。

 新型コロナウイルスのワクチン開発は、かつてないスピード感で進んでいる。
通常、ワクチン開発には5年以上かかるといわれているが、今回のワクチン開発の多くは
1~2年以内の実用化をめざしている。

(中略)

 一方、日本でもまったく動きがないわけではない。活発なのは大阪の企業や大学だ。
大阪大学発のバイオベンチャーのアンジェスは阪大とワクチンを共同開発していくと発表。
大阪の研究所やベンチャーも加わり、吉村洋文知事も「7月から大阪府内で治験を開始する」と意気込む。
また、阪大は阪大微生物病研究会(BIKEN財団)とも共同研究していく。
東京では、国立感染症研究所や東京大学医科学研究所が研究に乗り出した。

 ただ、いずれも中小や大学、研究所ばかりで、大手の製薬企業はあまり積極的ではない。

 かつて日本はワクチン開発の最前線に立っていた。「日本近代医学の父」とたたえられる北里柴三郎は、破傷風菌の培養に成功し、血清療法を確立。
この研究からさまざまなワクチン開発につながった。1934年に大阪大学の敷地内に設置された現・BIKENグループは
世界で初めての水痘ワクチンの開発に成功。東西で日本のワクチン界をリードしてきた。

 ところが、最近はほとんど成果らしきものがない。近年も肺炎球菌ワクチンや子宮頸がんワクチンなど、海外から輸入した「舶来もの」ばかりだ。
日本でワクチン産業が落ち込んだ背景には、市場の不確実さがある。とくに難しいのが副反応問題だ。

全文
https://news.yahoo.co.jp/articles/554ac203b9bdd059fea9753b059f1d8dd62d3d8f

道の駅、閉鎖を検討 観光利用の防止で

1: ニュース速報 2020/04/24(金) 14:56:53.47 ID:gBzJj+op0● BE:844481327-PLT(13345) sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif
新型コロナウイルスの感染が拡大する中、赤羽国土交通大臣は、大型連休中の移動を減らすため、道の駅など、観光目的の利用が多い国が管理する駐車場の閉鎖を検討する考えを示しました。

大型連休中の不要不急の移動を減らすため、全国知事会は、23日、国が管理する道路の規制や駐車場の利用禁止などの特例措置を講じるよう政府に求めました。

これについて、赤羽国土交通大臣は、24日の閣議のあとの記者会見で、「大型連休中の人の移動をどう抑制するかは大きな問題だ。
一方で、国民の生活や経済活動を支える物流に支障がないよう、両立しながら最大限、取り組む必要がある」と述べました。

そのうえで、「国が管理する道路は、道路の中でも重要な幹線道路だ。物流の確保は極めて重要だという観点から全国の国道を規制するのは現実的には大変難しい。そのため国道では、移動の自粛の告知などできることをしたい」と述べました。

そして、道の駅など国が管理する駐車場については、「観光の利用が大半で、物流への影響が小さいと判断できるところはしっかり閉鎖する方向で検討していきたい」と述べ、地元の自治体とも調整して閉鎖を検討する考えを示しました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200424/k10012403601000.html

岡江久美子さん新型コロナで死亡 はなまるマーケットなど

1: ニュース速報 2020/04/23(木) 17:35:15.33 ID:8mhZGd0V0● BE:971946189-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/c_hako.gif
女優・岡江久美子さんが新型コロナで死去 6日に容体急変

女優の岡江久美子さんが23日、新型コロナウイルスによる肺炎のため23日午前5時20分ごろ、都内の病院で亡くなった。
TBS系「ゴゴスマ―GO GO!Smile!―」が午後3時20分、速報で伝えた。63歳だった。

 メインキャスターの石井亮次アナウンサー(43)は「岡江さんがコロナ陽性とは知りませんでした」と沈痛な表情で訃報を伝えた。

 その後、岡江さんについて3日に微熱が出て入院。6日に容体が急変しICU(集中治療室)で治療を受けていた。検査の結果、新型コロナウイルス感染が分かったという。

 岡江さんは同局の情報番組「はなまるマーケット」に2014年3月まで17年間出演し、朝の顔として人気を博した。夫は俳優の大和田獏(69)、娘は大和田美帆(36)。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200423-00000020-tospoweb-ent
no title