「コロナが無ければトヨタに勝てた」現代・起亜自動車

1: ニュース速報 2020/04/26(日) 18:12:15.48 ID:PhXxKOZ10● BE:323057825-PLT(13000) sssp://img.5ch.net/ico/asopasomaso.gif
 「今年、現代・起亜自動車は日本のトヨタをとらえられるチャンスだったのに、新型コロナウイルスで駄目になるかもしれない」

 これは、現代・起亜自動車部品協力会社協同会の会長を務めているオ・ウォンソク・コリアFT会長が21日、
ソウル市瑞草区の自動車会館において成允模(ソン・ユンモ)産業通商資源部長官の主宰により行われた「自動車業界懇談会」で語った言葉だ。

 現代・起亜自動車は今年、「GV80」「アバンテ」「ソレント」などの新モデルを相次いで発売し、
「ツーソン」「サンタフェ」「カーニバル」などの新モデルも発売を控えている。
さらに、「トヨタの庭」とも言える東南アジア市場への進出も加速化している。
韓国の新型コロナウイルス感染は収束局面に入ったが、日本はこのところ新規感染者が急速に増えて収束の気配が見えておらず、「大躍進」のチャンスと見られていた。
ところが、新型コロナウイルス問題で現代・起亜自動車の海外工場の稼働中止が長期化、
世界の自動車需要が減少し、「ゴールデンタイム」(適期)を逃しているというのだ。
この懇談会に出席した孔泳云(コン・ヨンウン)現代自動車社長によると、現代・起亜自動車は4月に海外在庫台数が急激に増えているという。
北米・欧州などでの営業が3月以降マヒしており、在庫を市場に出せずにいるからだ。

■輸出不振で生態系崩壊の懸念

 特に手痛いのは輸出不振だ。現代・起亜自動車協力会社の売上比率のうち、75%は輸出によるものだ。
しかも、かなりの数の協力会社が現代・起亜自動車の海外工場に共に進出している。
孔泳云社長は「新型コロナウイルス問題が解消されたとしても相当期間、輸出は難しそうだ」と見ている。
オ・ウォンソク会長は「上半期の『輸出急落』さえ何とか耐えしのげれば、下半期か来年には速やかな回復傾向が見られるかもしれない。
『自動車生態系』を維持できるようにする支援が必要だ」と訴えた。

「今年はトヨタをとらえるチャンスだったのに…」 新型コロナで気をもむ韓国自動車業界
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/04/24/2020042480180.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です